//[[SiioLaboratory]]

今年度のページはこちら:[[GradThesis]]

#contents



*2009年度博士論文公開発表会 [#doctor]

//-タイトルをクリックすると要旨原稿のPDFを見ることができます

**辻田 眸 博士論文発表会 [#tsujita]
- 2010年2月27日(土曜日)15:00 @理学部3号館2階会議室
( http://lab.siio.jp/index.php?AccessOcha の18番)
- 論文題目:「日常生活に溶け込む遠隔コミュニケーション手法」
-終了後,理学部3号館2階ラウンジにて懇親会を予定しています

-要旨


核家族化や高齢化社会,女性の社会進出などにともない,離れて暮らす祖父母と孫や,単身
赴任の父親とその家族,遠距離恋愛のカップルなどが増加し,遠隔コミュニケーション支援の必
要性がますます高まっているといえる.近年,携帯電話やメールなどさまざまな通信手段が普及
したにもかかわらず,距離を隔てて暮らす人々のコミュニケーション問題はまだまだ解決されて
いない.

本論文では,従来の遠隔コミュニケーションシステムについて分析し,課題を整理し,
日常生活の様々な場面に応じた実用的な遠隔コミュニケーションシステムの実現を模索する.できるだけ簡単な情
報で,どこまで相手の存在感を伝え,コミュニケーション支援に活用できるのかを追求し,特別
な操作ではなく,物本来の使い方を利用することで,高齢者や子どもなど,誰でも使えるインタフェースの実現を目指す.




**宮崎 麗子 博士論文発表会 [#miyazaki]
- 2010年2月19日(金曜日)17:00 @共通講義棟3号館4階408号室
-論文題目:「音楽情報の可視化手法に関する研究」

-要旨

近年,HDD付き携帯音楽プレーヤーや音楽ダウンロードサイトの普及に伴い,
数千曲以上を個人が所有し,一度に持ち運ぶことができるようになった.
これに伴い,家庭内だけでなく,外出先や通勤途中などのモバイル環境で音楽を聴くときに行う,
楽曲ブラウジングの操作性の向上が一層求められるようになってきている.
また音楽情報抽出技術(MIR:Music Information Retrieval)の向上に伴い,
楽曲単位のブラウジングだけでなく,楽曲の内部構造を可視化したブラウザも登場している.
こうしたブラウザは,効率的な音楽試聴の支援や楽曲構造の理解に役立つ.

本論文では,こうしたさまざまなスケールにおける楽曲ブラウジングを支援する可視化手法と,
それらを使ったインタフェースの研究について述べる.


*2009年度修論発表会プログラム [#master]

-タイトルをクリックすると修論要旨原稿のPDFを見ることができます

**2010年2月10日(水曜日) @理学部3号館2階会議室(M会場) [#se1d7f5e]
***10:20-11:20 [#r3a46ec0]

司会:中部, 山田, カンウィパ−, 諫本:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|新井 裕子|[[ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索法:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0640.pdf]]|渡辺|
|齋藤 真衣|[[P2P環境におけるRDFデータを対象としたFaceted Searchの実現:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0649.pdf]]|渡辺|
|Yusuf Mukarramah|[[距離木とk 近傍グラフを用いた超高次元データの近傍検索:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0666.pdf]]|渡辺|

***11:40-12:20 [#a90a4030]

司会:味方, 三野, 梅澤:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|板野 愛|[[複数人の経験共有による情報検索手法:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0641.pdf]]|小林|
|清水 美絵|[[ユーザの行動履歴の取得に基づく生活の記録化:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0652.pdf]]|小林|

***13:30-14:50 [#zfe13fd7]

司会:浅田, 豊島, 松原, 宮崎, 小松崎, 川上, 中森:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|比喜 玲華|[[iSCSI遠隔ストレージアクセスにおける各プロトコルレイヤの最適化による性能向上の実現:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0659.pdf]]|小口|
|沖 真帆|[[日用品を用いた多様な情報提示システム:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0646.pdf]]|椎尾|
|半田 智子|[[カーテンメタファを用いたビデオコミュニケーションシステム:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0658.pdf]]|椎尾|
|森 麻紀|[[投影型拡張現実システムの食卓への応用:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0663.pdf]]|椎尾|

***15:30-16:30 [#y3aa026d]

司会:井元, 笠松, 草間, 白鳥, 町田:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|今泉 仁美|[[IGEL 〜ヒートカッターを模した3 次元形状モデリング〜 :http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0643.pdf]]|伊藤|
|薮下 浩子|[[経路情報の解析インタフェースの開発 :http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0664.pdf]]|伊藤|
|堀辺 宏美|[[PhotoSurfing:人の思考を支援する画像閲覧インタフェースの開発 :http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0662.pdf]]|伊藤|


***16:50-17:30 [#m0a34afc]

司会:井元, 笠松, 草間, 白鳥, 町田:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|迫田 千華|[[クレジットカード決済履歴テストデータの特徴発見のための可視化とGUIの一手法 :http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0650.pdf]]|伊藤|
|長崎 あずさ|[[2 変数詳細度制御を用いた大規模データの可視化 :http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0656.pdf]]|伊藤|

**2010年2月10日(水曜日) @理学部3号館2階ラウンジ(L会場) [#ae64befb]

***10:20-11:20 [#aa0e7117]

司会:上田, 櫻井, 対馬, 増子, 山口, 間宮, 渡邊:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|遠藤 貴世美|[[グラフの分散彩色アルゴリズム:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0644.pdf]]|萩田|
|佐藤 春菜|[[Projective DeBruijn系列を係数に持つ多項式の原始既約性の判定:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0651.pdf]]|萩田|
|木谷 有沙|[[仮想機械導出のためのプログラム変換:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0647.pdf]]|浅井|


***11:40-12:20 [#z1d3f750]

司会:上田, 櫻井, 対馬, 増子, 山口, 間宮, 渡邊:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|福田 恵子|[[共有鍵暗号方式の評価と比較:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0661.pdf]]|萩田|
|内藤 章子|[[NP 問題と概零知識証明:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0655.pdf]]|金子|



***13:30-15:10 [#a80e0b37]

司会:兼重, 余田, 池田, 中村, 戸澤, 加茂下, 山中:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|玉田 竜子|[[口唇の動きを利用した動画像による顔認証システム:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0653.pdf]]|金子|
|廣田 知子|[[定理証明系を用いた強正規化性の証明と評価器の抽出:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0660.pdf]]|浅井|
|小畑 夕香|[[河床変動を考慮した合流河川の流れのシミュレーション:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0648.pdf]]|河村|
|橋本 有莉|[[回転同軸円筒内の高レイノルズ数流れの数値的研究:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0657.pdf]]|河村|
|伊藤 里江|[[ランダム行列理論を用いた Gaussian カーネルにおける雑音の推定:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0642.pdf]]|吉田|

***15:30-16:50 [#n10b1dd2]

司会:小中, 寺田, 福崎:

|学生 氏名 |修論タイトル                                  |研究室|
|阿部 奈津美|[[表現型による遺伝子ネットワークの推定:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0639.pdf]]|瀬々|
|大村 蓉子|[[事前知識を用いた遺伝子発現量の部分空間クラスタリング:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0645.pdf]]|瀬々|
|寺井 はるな|[[糖鎖認識部位発見のための部分構造制約付きクラスタリング:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0654.pdf]]|瀬々|
|山口 瑤子|[[Web 閲覧履歴を用いた TV 番組推薦システム:http://siio.jp/pdf/master/2009/2009master0665.pdf]]|瀬々|




*2009年度卒論発表会プログラム [#bachelor]

-タイトルをクリックすると卒論要旨原稿のPDFを見ることができます.

**2010年2月13日(土曜日)@理学部3号館701号室 [#wabf569c]

***9:30-10:45 [#nb1bc810]

司会: 松木, 大西, 唐石, 高橋, 土橋 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|茨木 志織|[[ロジスティク回帰モデルによる確率判別:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad01.pdf]]|1-2|吉田|
|小河原 史絵|[[PCAによる複数判別変数の選択:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad03.pdf]]|3-4|吉田|
|小川 知世|[[グラフの分散彩色数の評価:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad05.pdf]]|5-6|萩田|
|菊池 智子|[[グラフの分散彩色アルゴリズム:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad07.pdf]]|7-8|萩田|
|尾崎 有梨|[[証明木作成プログラムを用いたCCG統語導出の実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad09.pdf]]|9-10|戸次|


***11:00-12:15 [#zb9afd6f]

司会: 吉武, 吉田, 山中, 山下, 八木 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|安藤 玲未|[[無線LANの帯域公平性に対するアクセスポイントのバッファ量の影響とQoS保証TCPの性能評価:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad11.pdf]]|11-12|小口|
|岩木 紗恵子|[[ライフログ収集のためのセンサネットワークと画像ストリームのデータ処理ミドルウェアの構築:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad13.pdf]]|13-14|小口|
|松本 真紀子|[[無線通信環境における複数通信方式導入に関する検討:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad15.pdf]]|15-16|小口|
|三木 香央理|[[Android端末の無線LAN通信性能の評価:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad17.pdf]]|17-18|小口|
|百瀬 明日香|[[クラスタ向け分散ファイルシステムの広域環境適用時の性能評価:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad19.pdf]]|19-20|小口|

***13:15-14:30 [#b6600873]

司会: 森, 武藤, 平井, 東原, 西見 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|落合 恵理香|[[特定空間における人の行動の言語化手法の提案:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad21.pdf]]|21-22|小林|
|大谷 麻璃|[[アプリケーション操作のための自然言語インタフェース構築:Google Calendar操作を例にして:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad23.pdf]]|23-24|小林|
|関 亜沙美|[[日経平均株価を対象にした時系列データの言語化:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad25.pdf]]|25-26|小林|
|中福 享莉|[[プラグイン機能を持った家庭用アプリケーションのプラットフォーム構築への取り組み:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad27.pdf]]|27-28|小林|
|遠藤 友美|消費電力の言語化による家庭内エコロジーへの取り組み*|29-30|小林|

(*この研究は企業との共同研究のため知財権取得後、掲載とさせていただきます。)

//|遠藤 友美|[[消費電力の言語化による家庭内エコロジーへの取り組み:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad29.pdf]]|29-30|小林|


***14:45-15:45 [#zab4474b]

司会: 永森, 中村, 長津, 津々美 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|伊澤 亜紀子|[[遺伝子機能の関係を明示するグラフ操作手法:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad31.pdf]]|31-32|瀬々|
|伊藤 真和吏|[[クラスタリングによる糖鎖認識パターン解析 :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad33.pdf]]|33-34|瀬々|
|景山 彩璃|[[半教師あり学習を用いた遺伝子発現データの解析:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad35.pdf]]|35-36|瀬々|
|山田 恵|[[アイテム集合付き部分グラフに対する事後処理法の提案:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad37.pdf]]|37-38|瀬々|


***16:00-17:00 [#t86f7d70]

司会:塚田, 田中, 曽我, 芹澤 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|冨田 あゆみ|[[ななメニュー:身体的特性を考慮したメニュー:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad39.pdf]]|39-40|椎尾|
|辰田 恵美|[[ビーズアクチュエータの提案と実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad41.pdf]]|41-42|椎尾|
|渡辺 千穂|[[名所カム:名所へ導くデジタルカメラ:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad43.pdf]]|43-44|椎尾|
|冨永 祐衣|[[おんせんはいったー~外湯巡りシステムと連動した twitter エージェント~:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad45.pdf]]|45-46|椎尾|

***17:15-18:00 [#g3bfad33]

司会:末広, 柴田, 坂梨, 久保田 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|小谷 尚子|[[LunchCommunicator:お弁当を介したコミュニケーション支援システム:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad47.pdf]]|47-48|椎尾|
|田島 奈々美|[[AwareHanger:洗濯物の乾き具合を通知するハンガー:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad49.pdf]]|49-50|椎尾|
|水島 由郁|[[郵便着いったー:私信とチラシを分別する郵便箱:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad51.pdf]]|51-52|椎尾|


**2010年2月14日(日曜日)@理学部3号館701号室 [#h63ad27c]

***9:30-10:45 [#n0942d74]

司会:北島, 北口, 岸本, 川原, 金子(ち) :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|飯田 聡美|[[OpenCV を用いたりんごの等級判定:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad53.pdf]]|53-54|金子|
|鬼丸 智美|[[パスワードシステムのセキュリティの検討:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad55.pdf]]|55-56|金子|
|高橋 彩夏|[[新しい美人像の創出 -- モルフィングの応用:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad57.pdf]]|57-58|金子|
|大塚 めぐみ|[[打撃音の時間差検知による打点位置の検出:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad59.pdf]]|59-60|粕川|
|新井 祐美|[[論理関係によるスタック導入の正当性の証明:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad61.pdf]]|61-62|浅井|

***11:00-12:15 [#p68902ce]

司会:金子(静), 金子(彩), 笠江, 尾崎, 緒方 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|石川 ちひろ|[[簡約過程の一般的可視化システムの実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad63.pdf]]|63-64|浅井|
|岩井 亜里紗|[[MetaOCaml を使った部分評価器の実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad65.pdf]]|65-66|浅井|
|中島 沙季|[[センサデータに対する問合せ高速化のための索引の実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad67.pdf]]|67-68|渡辺|
|野澤 佳世|[[プライバシ保護を考慮したものさがしシステムの実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad69.pdf]]|69-70|渡辺|
|合田 智美|[[ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索システムの実装:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad71.pdf]]|71-72|渡辺|

***13:15-14:30 [#z52ee401]

司会:大杉, 上田, 井元, 猪股, 石下

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
|合田 智美|[[種々の海底地形における津波の伝播:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad73.pdf]]|73-74|河村|
|山田 歩|[[山越え気流のシミュレーション:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad75.pdf]]|75-76|河村|
|村本 典子|[[火災旋風に及ぼす建物の効果:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad77.pdf]]|77-78|河村|
|布施 愛|[[自動車内および電車内における気流のシミュレーション:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad79.pdf]]|79-80|河村|
|玉野 美和|[[横風を受ける鉄道車輌まわりの流れ:http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad81.pdf]]|81-82|河村|


***14:45-16:00 [#pcc58df4]

司会:石澤, 池田, 安藤, 赤池, 青野 :

|学生氏名 |卒論タイトル                              |ページ数|研究室|
| 川本 真規子 |[[ウェブのアクセスパターンとリンク構造の同時可視化の一手法 :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad83.pdf]]|83-84|伊藤|
| 黒川 海映 |[[肌印象分析のための形状シミュレーション :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad85.pdf]]|85-86|伊藤|
| 中村 友香理 |[[蛋白質表面形状分析手法PROTEINを用いたポケット分析 :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad87.pdf]]|87-88|伊藤|
| 林 亜紀 |[[Colorscore : MIDIを利用したクラシック楽曲構造の可視化と圧縮表示 :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad89.pdf]]|89-90|伊藤|
| 安田 理紗 |[[キーワードの共通性を配置結果に反映した大量画像の一覧可視化手法 :http://siio.jp/pdf/grad/2009/2009grad91.pdf]]|91-92|伊藤|


***16:20-18:00 [#x8f5d304]

教員による研究室説明



------


-このページは,誰でも見ることができます. 
--変更は,教員だけが可能ですので,内容変更の希望がありましたら, 指導教員に申し出てください.



//* 以下は準備の情報で,終了した内容です [#q4ced169]
//
//
//*スケジュール [#s143b999]
//
//**卒論タイトル締め切り&プログラム発表 [#n48a7dcd]
//-締切未定ですが,1月中には,プログラムが決定します.
//-この結果,要旨集ページ数の割当が決定しますので,これを卒論要旨原稿に組み込んでください.
//
//**紙の卒論要旨原稿締め切り [#s35a9e8b]
//-2月9日(火)正午までに両面印刷で120部事務室に提出
//
//**電子的な卒論要旨原稿締め切り [#rb268e06]
//-要旨原稿のPDF版を,2月9日午後5時までに以下のURLからアップロードしてください
//--http://siio.jp/pdf/grad/2009/index.html
//--紙の原稿提出したあとすぐにお願いします
//-上記締め切り以後もPDF版は差し替え可能です.
//--差し替えた場合は椎尾(siio@mac.com)まで連絡ください
//
//**卒論発表会 [#w00ce8a9]
//-2/13(土)--14(日) 卒研発表会@未定
//
//
//*卒論要旨原稿サンプルとTeXスタイルファイル [#w9a2a5b3]
//
//-(重要)ページ下部に割り当てられたページ数を,センタリングで入れてください。
//--TeXの場合は以下の部分で開始ページを指定してください.
// %%%%%%%%開始ページ数を設定する(この例では1)%%%%%%%%%
// \setcounter{page}{1}
//-TeXのスタイルファイルと,これを利用して先輩が作ったサンプル2例を以下に置いてあります.
//--ページ数は必ず2ページにしてください
//-要旨集の体裁を統一するために,以下のサンプルを使ってTeXで作成することを強く推奨しますが,どうしてもワープロで作りたい場合は,以下のPDFに出来る限り近いものに仕上げてください.
//**数式が多い数学系理論系サンプル [#md1c7424]
//-http://siio.jp/papers/soturon/sample_yoshida.zipに一式入っています。
//-http://siio.jp/papers/soturon/sample.pdfがフォーマットした結果です。
//-吉田先生から提供いただいたサンプルです。
//**写真が多い応用系マルチメディア系サンプル [#h392f384]
//-http://siio.jp/papers/soturon/sample_siio.zipに一式入っています。
//-http://siio.jp/papers/soturon/bunchin.pdfがフォーマットした結果です。
//-吉田先生のをもとに椎尾研で作ったサンプルです。
//--スタイルファイルは全く同じです。
//--空きがありますが,これはサンプルが未完成なだけですので,いっぱいまで書き込んでください.
//-JPEG写真を使い、参考文献はbibtexを使うようにしてあります。
//--usepackage[dvipdfm]{graphicx}の部分はMac OS Xの場合です.この行は皆さんの環境に合わせてください.
//--ファイル名をEPSファイルのものにすれば,EPSファイルも使えます.
//--ファイル名をpngファイルのものにすれば,pngファイルも使えます.
//--参考文献はbibitemで書いてももちろんokです. (でもbibtexがおすすめ)
//--bibtexのフォーマットは情報処理学会に準拠しました
//
//
//*修論要旨 [#master]
//修士修了予定の学生さんは,以下の手順で修論要旨作成し提出してください.
//+修論要旨の作成: 
//上記の卒論要旨の作成に準じて2ページの原稿を作って1月14日5pmまでに大学院事務に提出してください.
//ただしページ数は,任意で結構です.無しでもかまいません.
//+電子的な修論要旨原稿提出: 要旨原稿のPDF版を以下のURLからアップロードしてください
//--http://siio.jp/pdf/master/2009/index.html
//--紙の原稿提出したあとすぐにお願いします
//--紙原稿は差し替え不可ですが,こちらは提出した後も差し替え可能です.
//--1月15日以降に差し替えた場合は椎尾(siio@mac.com)まで連絡ください
//
//


------------

*過去の卒論修論発表会 [#cfbfe38b]
-GradThesis2008
-GradThesis2007
-GradThesis2006
-GradThesis2005

-[[GradThesis2008]]
-[[GradThesis2007]]
-[[GradThesis2006]]
-[[GradThesis2005]]

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS