目次:

2012年度博士論文公開発表会

小室(中川) 真紀 博士論文発表会

  • 2013年2月24日(日曜日)14:00 @人間文化創成科学研究科・全学共用研究棟6階会議室
    ( http://lab.siio.jp/index.php?AccessOcha の16番)
  • 論文題目:「女性の美しさを支援するユビキタスコンピューティング」
  • 要旨
    本論文では装飾美/素材美それぞれ中から特に「化粧を施すことによって得られ る美しさ」と 「素肌の美しさ」に着目し、これらの美しさの歴史と女性の美を支援するアプロー チの歴史を整理する。 次に、既存の支援手法を踏まえ、ライフログ技術を取り入れた新たな美の 支援手法の提案を行う。 その手法の具体的なアプローチとして、 「Smart Skincare System: ライフ ログを用いた遠隔美肌カウンセリングシステム」と 「Smart Makeup System: ライフログを用い た化粧支援システム」という 2 つのシステムを提案する。

沖 真帆 博士論文発表会

  • 2013年2月24日(日曜日)15:00 @人間文化創成科学研究科・全学共用研究棟6階会議室
    ( http://lab.siio.jp/index.php?AccessOcha の16番)
  • 論文題目:「日常生活に適したゆるやかなインタフェース」
  • 要旨
    Ubicomp 向けHCI の設計指針では、 ユーザの注意の在り方に焦点を当てて、 注意 の中心「Foreground」と周辺状況「Background」の二つの視点から議論されることが多い。 Foregroundなインタフェー スは、人が多くの情報を受け取る事ができるが認知負荷が高く、 Backgroundなインタフェースは、表現できる情報量が少ないという問題点があった。 本研究では、従来のForegroundとBackgroundの中間領域に着目し、 両者の特性を程よ く併せ持つ「ゆるやかなインタフェース」を提案する。 ゆるやかなインタフェースは、日常生活 におけるユーザの平静状態を維持したまま、 コンピュータの能力を活用した様々なサービスを提 供することを目指すものである。 本研究では、具体的なアプローチとして、 日常生活を対象とした「イルゴール」「MediAlarm?」という2つアプリケーションを実装し、 これらで実現したゆるやかなインタフェースを紹介する。

2012年度修論発表会プログラム

  • タイトルをクリックすると要旨原稿のPDFを見ることができます
  • すべての修論要旨原稿PDFを以下のURLからまとめてダウンロード可能です

2013年2月12日(火曜日) @理学部3号館701号室

10:00-11:00

司会:飯尾、熊谷、菱沼、森内、長谷川

11:10-12:10

司会:金子、中野、中野、山本

13:10-14:50

司会:一瀬、小林、澤村、重松、立川

15:00-16:40

司会:加藤、小谷野、須賀、市岡、劉

2013年2月13日(水曜日) @理学部3号館701号室

10:50-12:10

司会:魚田、末松、三久保

13:10-14:30

司会:八反田、福手

14:40-15:20

司会:関谷

15:30-16:30

司会:宇野、中澤

2012年度卒論発表会プログラム

2013年2月9日(土曜日)@理学部3号館701号室

10:00-11:00

司会:有本、安部、石川、伊藤、牛嶋

11:10-12:40

司会:甲藤、門脇、菅野、金竹、黒崎

13:40-15:25

司会:郷治、小松、五味、齋藤、酒向

15:35-16:50

司会:佐宗、重冨、清水、叢、只野

17:05-18:05

教員による研究室説明 (part 1)

椎尾/浅本/吉田/戸次/小口/工藤

2013年2月10日(日曜日)@理学部3号館701号室

10:00-11:15

司会:田中、谷本、辻、椿田、中村

学生氏名 卒論タイトルページ数研究室
稲森 千明地下鉄の駅構内の空気の流れ43-44河村
岡村 香奈回転同軸球内の熱対流45-46河村
玉田 真里奈大阪湾の汚染物質の拡散47-48河村
段家 加生里流体攪拌の数値シミュレーション49-50河村
林 絢奈2流体モデルによる波のシミュレーション51-52河村

11:25-12:40

司会:野田、橋本、樋野、藤井

13:40-14:55

司会:藤田、細谷、升田、水野、本橋

15:05-16:50

司会:劉、和田、渡邊、原、石井

17:05-18:00

教員による研究室説明 (part 2)

河村/小林/郡/伊藤/浅井


  • このページは,誰でも見ることができます.
    • 変更は,教員だけが可能ですので,内容変更の希望がありましたら, 指導教員に申し出てください.

過去の卒論修論発表会


*1 9月修了につき発表済

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-28 (木) 11:10:35 (427d)