今年度のページはこちら:GradThesis

2009年度博士論文公開発表会

辻田 眸 博士論文発表会

  • 2010年2月27日(土曜日)15:00 @理学部3号館2階会議室 ( http://lab.siio.jp/index.php?AccessOcha の18番)
  • 論文題目:「日常生活に溶け込む遠隔コミュニケーション手法」
  • 終了後,理学部3号館2階ラウンジにて懇親会を予定しています
  • 要旨

核家族化や高齢化社会,女性の社会進出などにともない,離れて暮らす祖父母と孫や,単身 赴任の父親とその家族,遠距離恋愛のカップルなどが増加し,遠隔コミュニケーション支援の必 要性がますます高まっているといえる.近年,携帯電話やメールなどさまざまな通信手段が普及 したにもかかわらず,距離を隔てて暮らす人々のコミュニケーション問題はまだまだ解決されて いない.

本論文では,従来の遠隔コミュニケーションシステムについて分析し,課題を整理し, 日常生活の様々な場面に応じた実用的な遠隔コミュニケーションシステムの実現を模索する.できるだけ簡単な情 報で,どこまで相手の存在感を伝え,コミュニケーション支援に活用できるのかを追求し,特別 な操作ではなく,物本来の使い方を利用することで,高齢者や子どもなど,誰でも使えるインタフェースの実現を目指す.

宮崎 麗子 博士論文発表会

  • 2010年2月19日(金曜日)17:00 @共通講義棟3号館4階408号室
  • 論文題目:「音楽情報の可視化手法に関する研究」
  • 要旨

近年,HDD付き携帯音楽プレーヤーや音楽ダウンロードサイトの普及に伴い, 数千曲以上を個人が所有し,一度に持ち運ぶことができるようになった. これに伴い,家庭内だけでなく,外出先や通勤途中などのモバイル環境で音楽を聴くときに行う, 楽曲ブラウジングの操作性の向上が一層求められるようになってきている. また音楽情報抽出技術(MIR:Music Information Retrieval)の向上に伴い, 楽曲単位のブラウジングだけでなく,楽曲の内部構造を可視化したブラウザも登場している. こうしたブラウザは,効率的な音楽試聴の支援や楽曲構造の理解に役立つ.

本論文では,こうしたさまざまなスケールにおける楽曲ブラウジングを支援する可視化手法と, それらを使ったインタフェースの研究について述べる.

2009年度修論発表会プログラム

  • タイトルをクリックすると修論要旨原稿のPDFを見ることができます

2010年2月10日(水曜日) @理学部3号館2階会議室(M会場)

10:20-11:20

司会:中部, 山田, カンウィパ−, 諫本:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
新井 裕子ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索法渡辺
齋藤 真衣P2P環境におけるRDFデータを対象としたFaceted Searchの実現渡辺
Yusuf Mukarramah距離木とk 近傍グラフを用いた超高次元データの近傍検索渡辺

11:40-12:20

司会:味方, 三野, 梅澤:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
板野 愛複数人の経験共有による情報検索手法小林
清水 美絵ユーザの行動履歴の取得に基づく生活の記録化小林

13:30-14:50

司会:浅田, 豊島, 松原, 宮崎, 小松崎, 川上, 中森:

15:30-16:30

司会:井元, 笠松, 草間, 白鳥, 町田:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
今泉 仁美IGEL 〜ヒートカッターを模した3 次元形状モデリング〜 伊藤
薮下 浩子経路情報の解析インタフェースの開発 伊藤
堀辺 宏美PhotoSurfi ng:人の思考を支援する画像閲覧インタフェースの開発 伊藤

16:50-17:30

司会:井元, 笠松, 草間, 白鳥, 町田:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
迫田 千華クレジットカード決済履歴テストデータの特徴発見のための可視化とGUIの一手法 伊藤
長崎 あずさ2 変数詳細度制御を用いた大規模データの可視化 伊藤

2010年2月10日(水曜日) @理学部3号館2階ラウンジ(L会場)

10:20-11:20

司会:上田, 櫻井, 対馬, 増子, 山口, 間宮, 渡邊:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
遠藤 貴世美グラフの分散彩色アルゴリズム萩田
佐藤 春菜Projective DeBruijn系列を係数に持つ多項式の原始既約性の判定萩田
木谷 有沙仮想機械導出のためのプログラム変換浅井

11:40-12:20

司会:上田, 櫻井, 対馬, 増子, 山口, 間宮, 渡邊:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
福田 恵子共有鍵暗号方式の評価と比較萩田
内藤 章子NP 問題と概零知識証明金子

13:30-15:10

司会:兼重, 余田, 池田, 中村, 戸澤, 加茂下, 山中:

15:30-16:50

司会:小中, 寺田, 福崎:

学生 氏名 修論タイトル                              研究室
阿部 奈津美表現型による遺伝子ネットワークの推定瀬々
大村 蓉子事前知識を用いた遺伝子発現量の部分空間クラスタリング瀬々
寺井 はるな糖鎖認識部位発見のための部分構造制約付きクラスタリング瀬々
山口 瑤子Web 閲覧履歴を用いた TV 番組推薦システム瀬々

2009年度卒論発表会プログラム

  • タイトルをクリックすると卒論要旨原稿のPDFを見ることができます.

2010年2月13日(土曜日)@理学部3号館701号室

9:30-10:45

司会: 松木, 大西, 唐石, 高橋, 土橋 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
茨木 志織ロジスティク回帰モデルによる確率判別1-2吉田
小河原 史絵PCAによる複数判別変数の選択3-4吉田
小川 知世グラフの分散彩色数の評価5-6萩田
菊池 智子グラフの分散彩色アルゴリズム7-8萩田
尾崎 有梨証明木作成プログラムを用いたCCG統語導出の実装9-10戸次

11:00-12:15

司会: 吉武, 吉田, 山中, 山下, 八木 :

13:15-14:30

司会: 森, 武藤, 平井, 東原, 西見 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
落合 恵理香特定空間における人の行動の言語化手法の提案21-22小林
大谷 麻璃アプリケーション操作のための自然言語インタフェース構築:Google Calendar操作を例にして23-24小林
関 亜沙美日経平均株価を対象にした時系列データの言語化25-26小林
中福 享莉プラグイン機能を持った家庭用アプリケーションのプラットフォーム構築への取り組み27-28小林
遠藤 友美消費電力の言語化による家庭内エコロジーへの取り組み*29-30小林

(*この研究は企業との共同研究のため知財権取得後、掲載とさせていただきます。)

14:45-15:45

司会: 永森, 中村, 長津, 津々美 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
伊澤 亜紀子遺伝子機能の関係を明示するグラフ操作手法31-32瀬々
伊藤 真和吏クラスタリングによる糖鎖認識パターン解析 33-34瀬々
景山 彩璃半教師あり学習を用いた遺伝子発現データの解析35-36瀬々
山田 恵アイテム集合付き部分グラフに対する事後処理法の提案37-38瀬々

16:00-17:00

司会:塚田, 田中, 曽我, 芹澤 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
冨田 あゆみななメニュー:身体的特性を考慮したメニュー39-40椎尾
辰田 恵美ビーズアクチュエータの提案と実装41-42椎尾
渡辺 千穂名所カム:名所へ導くデジタルカメラ43-44椎尾
冨永 祐衣おんせんはいったー~外湯巡りシステムと連動した twitter エージェント~45-46椎尾

17:15-18:00

司会:末広, 柴田, 坂梨, 久保田 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
小谷 尚子LunchCommunicator:お弁当を介したコミュニケーション支援システム47-48椎尾
田島 奈々美AwareHanger:洗濯物の乾き具合を通知するハンガー49-50椎尾
水島 由郁郵便着いったー:私信とチラシを分別する郵便箱51-52椎尾

2010年2月14日(日曜日)@理学部3号館701号室

9:30-10:45

司会:北島, 北口, 岸本, 川原, 金子(ち) :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
飯田 聡美OpenCV を用いたりんごの等級判定53-54金子
鬼丸 智美パスワードシステムのセキュリティの検討55-56金子
高橋 彩夏新しい美人像の創出 -- モルフィングの応用57-58金子
大塚 めぐみ打撃音の時間差検知による打点位置の検出59-60粕川
新井 祐美論理関係によるスタック導入の正当性の証明61-62浅井

11:00-12:15

司会:金子(静), 金子(彩), 笠江, 尾崎, 緒方 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
石川 ちひろ簡約過程の一般的可視化システムの実装63-64浅井
岩井 亜里紗MetaOCaml を使った部分評価器の実装65-66浅井
中島 沙季センサデータに対する問合せ高速化のための索引の実装67-68渡辺
野澤 佳世プライバシ保護を考慮したものさがしシステムの実装69-70渡辺
合田 智美ブルームフィルタを用いたプライバシ保護検索システムの実装71-72渡辺

13:15-14:30

司会:大杉, 上田, 井元, 猪股, 石下

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
合田 智美種々の海底地形における津波の伝播73-74河村
山田 歩山越え気流のシミュレーション75-76河村
村本 典子火災旋風に及ぼす建物の効果77-78河村
布施 愛自動車内および電車内における気流のシミュレーション79-80河村
玉野 美和横風を受ける鉄道車輌まわりの流れ81-82河村

14:45-16:00

司会:石澤, 池田, 安藤, 赤池, 青野 :

学生氏名 卒論タイトル                              ページ数研究室
川本 真規子ウェブのアクセスパターンとリンク構造の同時可視化の一手法 83-84伊藤
黒川 海映肌印象分析のための形状シミュレーション 85-86伊藤
中村 友香理蛋白質表面形状分析手法PROTEINを用いたポケット分析 87-88伊藤
林 亜紀Colorscore : MIDIを利用したクラシック楽曲構造の可視化と圧縮表示 89-90伊藤
安田 理紗キーワードの共通性を配置結果に反映した大量画像の一覧可視化手法 91-92伊藤

16:20-18:00

教員による研究室説明


  • このページは,誰でも見ることができます.
    • 変更は,教員だけが可能ですので,内容変更の希望がありましたら, 指導教員に申し出てください.

過去の卒論修論発表会


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-28 (木) 11:11:56 (511d)